香港トイレマップ④ 海産物の並ぶ下町からアンティークショップやカフェの並ぶエリアまで様々な顔を持つ上環(Sheung Wan)は、トイレ発見困難地帯!?

Katsumi Umezono
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港の街歩きをしていて最も困る問題の一つ、それがトイレです。

香港のトイレにはカギがかかっていることが多い!

香港のビルなどの中のトイレは、たいてい、カギがかかっていて、ビルのテナントだけがカギを持っています。

レストランに入っていればレストランのトイレを借りられますし、オフィスビルを訪問した時も訪問先のトイレを借りられます。しかし、街歩きをしているときや、移動中のときなど、トイレに行きたくても入れるトイレが無い!という問題に直面することが少なくありません。

OWL香港は、カギなしで使えるトイレのマップを作っています!

そこで、OWL香港では、トイレの場所が分かりやすいショッピングモールは少ない、でも、街歩きを楽しめる場所を中心に、トイレの場所を解説していきたいと思います。

ちなみに、香港のトイレはきれい・汚いの落差が激しいので、☆でランク分けしています。

☆5つ(黄色)は、最高級ホテル級。中環(Central)マンダリンオリエンタルホテルのトイレを基準にしています。

☆4つは、高級ショッピングモール級。中環(Central)のifcモールを基準にしています。

☆3つは、準高級ショッピングモール級。銅鑼湾(Causeway Bay)のそごうを基準にしています。潔癖症の人以外であれば、☆3つまでは問題ないと思います。

☆2つは、ローカルの商店級。

☆1つは、清掃状態のあまり良くない公衆トイレ。緊急避難用ですね。

◆は、カギなしで使えるトイレがありそうに見えて無いビル。緊急事態の時に駆け込むと、ショックが大きいビルです。

○(黄色)は、授乳室・おしめ交換用個室です。

(この地図は、対象範囲の操作・拡大もできます。)

上環(Sheung Wan)は、海産物の並ぶ下町からアンティークショップ・カフェの並ぶ地区まで、いろんな顔を持つ街!

2014年12月のMTR(地下鉄)延長まで、MTR港島線の西側の終点だった上環(Sheung Wan)。ここも、前回のトイレ探索で訪れた西営盤(Sai Ying Pun)と同じく物凄い坂のある町で、坂の上と下では雰囲気がまるで違います。

一番海側にはマカオフェリーターミナル。少し内陸に入ると、路面電車(Tram)が走り地元色の強いデパートや商店の並ぶ徳輔道中(Des Voeux Road Central)。さらに内陸に入ると、下町色の強い商店の並ぶ皇后大道中(Queen’s Road Central)。さらに内陸に入ると、アンティークショップの並ぶ荷李活道(Hollywood Road)。ここから山道を登っていくと、小さなギャラリーやカフェの多いエリア。こういう具合に、海側から山に向かっていくと、街の雰囲気がどんどん変わっていきます。

阪神間で育った人には、「芦屋」と言っても「阪神電車の芦屋」、「JRの芦屋」、「阪急電車の芦屋」で違うよね、と言うと、分かってもらいやすいでしょうか。

こうした様々な顔を持つ街なので街歩きの楽しい場所なのですが、大きなショッピングモールが無いだけに、トイレ探しが難しい街です。

トラムの走る徳輔道中(Des Voeux Road Central)では、デパート・ショッピングセンターを使おう!

トラムの走る徳輔道中(Des Voeux Road Central)周辺のランドマーク的建物と言えば、西港城(Western Market)です。ただ、建物が古いせいかトイレは非常に貧弱。3/Fにトイレがありますが、あまりお勧めできません。

このエリア、決して大きなショッピングモールは無いのですが、ローカル色の強いショッピングセンターはあります。

その代表格は永安デパートです。地下と2/Fにトイレがありますし、地上階には身体障害者用トイレもあります。この永安デパート、香港資本の地元デパートで香港に幾つかあるのですが、香港ローカルの店にしては珍しくトイレが整っていて便利です。

ここから少し中環(Central)方向に歩いた場所にあるNan Fung Placeは、完成したばかりのショッピングセンター。トイレは、 1/Fと2/Fにありますが非常にきれいでお勧めです。

上環マップ

(この地図は、対象範囲の操作・拡大できません。対象範囲の操作・拡大は、上のマップでどうぞ。)

皇后大道中(Queen’s Road Central)沿いでは、上環体育館のトイレを!

トラムの走る徳輔道中(Des Voeux Road Central)から山側に少し歩くと皇后大道中(Queen’s Road Central)。この二つの大通りの間は、下町っぽい小さな商店が数多く並ぶエリアです。

この辺りはトイレを非常に見つけにくいのですが、ちょうどいい具合に公共施設があります。上環体育館(Sheung Wan Sports Centre)です。皇后大道中(Queen’s Road Central)側の入口から入って11/Fと12/F。朝7時から夜11時まで空いていますし、シャワーもある、という結構便利な施設です。

IMG_0881[1]

香港最古の道教寺院(文武廟)やアンティークショップの並ぶHollywood Roadは、トイレ発見が極めて厳しいエリア!

荷李活道(Hollywood Road)沿いには、香港最古の道教寺院である文武廟がありますし、周辺にはアンティークショップも並んでおり、散歩をするには楽しいエリアです。

しかし、この辺りは、トイレを探すのが絶望的に厳しいエリアです。OWL香港編集部でもこの周辺の幾つかのホテルなどを見てみましたが、カギ無しで使用できるトイレは無さそうです。(そもそも、宿泊客以外が入りやすい大きなホテルがありません。)

そんな中、このエリアでお勧めしたいのは、準公共施設とでも言えるYMCAです。正式名称は、香港中華基督教青年會といい、赤レンガ造りの建物です。正確にはカギ無しで使用できるトイレは無いのですが、階段を上がった1/Fの窓口にカギが置いてあるので、カギを借りて使わせてもらいましょう。

IMG_0948[1]

(Hollywood Roadに面した文武廟から見ると、ななめ後ろに「青年會」と書かれた赤レンガ造りのYMCAが見えます。)

香港トイレ探索シリーズ

1. 欧米人の多い堅尼地城(Kennedy Town)はトイレ不毛地帯だった!

2. 観光客も香港人買い物客も街歩きを楽しめる旺角(MongKok)、トイレはショッピングモールに駆け込むしかない!?

3. 干物の匂い漂う下町・欧米人の集まるグルメエリアと様々な顔を持つ西営盤(Sai Ying Pun)では、予想外のトイレを使える!?

トイレ情報、募集中です!

香港のカギなしで使えるトイレ、こんな場所にあるよ!という情報をお待ちしています。

ご連絡先(OWL Hong Kong Limited):info@owlhongkong.com