香港では日本に比べ有利な保険商品を購入可能!?Nippon Wealth Bank 長谷川COOインタビュー (1)

Takayuki Fujima
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港で昨年設立された金融機関Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(以下NWB)とマスミューチュアル・アジア保険会社は、2016年5月12日、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)のPacific Clubで、記者会見・顧客向けセミナーを行い、業務提携拡大合意と新たな保険商品の販売開始を発表しました。

これまで、販売してきた終身年金保険やユニバーサルライフ保険に加え、新たに疾病保障保険などを追加するとのことですが、いずれも、日本国内で販売されている保険に比べ、予定利回りが高いこと、受取方法等で柔軟な対応が可能であることが特徴です。

香港では日本に比べ有利な保険商品を購入可能なのは何故でしょうか?

NWBのCOOである長谷川様に、OWL香港編集部がインタビューをしました。(以下、敬称略)

マスミューチュアル・アジア社との提携の背景

OWL:何故、マスミューチュアル・アジア社と提携されたのですか?

長谷川:マスミューチュアル・アジア保険会社は、米国に本社を持つマスミューチュアルグループのアジアでの子会社です。終身年金保険やユニバーサルライフ保険では、優れた商品力で高い優位性を持っています。日本人顧客への資産運用のサービスを展開する当行としては、彼らの商品が保証と運用の両面で使い勝手の良いと判断して、提携を決めました。

nwb-press-conference-20160512

日本のマスミューチュアル生命との関係は?

OWL:米国に本社を持つマスミューチュアルグループは、日本にもグループ会社(マスミューチュアル生命)を有しています。日本のマスミューチュアル生命では、香港のマスミューチュアルグループの看板商品である一時払い終身の年金型商品と同様の商品は扱っていないのでしょうか?

長谷川:たしかに、マスミューチュアルグループは、日本にもグループ会社(マスミューチュアル生命)を持っています。同社の商品内容については、私は論評する立場にないのですが、金融商品は、国によって規制も規則も異なりますので、似たネーミングであっても、同様の商品ではないと思います。

OWL:「終身保障型」と謳っていても、香港と日本では、内容は異なるので、具体的な商品内容を見て欲しいということですね。

終身年金保険を購入した場合の具体的な金額を教えて頂けますか?

OWL:では、具体的な商品内容を伺いたいと思います。たとえば45歳男性が終身年金保険を購入した場合をモデル事例に、金額をお教えくださいますでしょうか?

長谷川:サンプルの表があります。これは、45歳男性が100万香港ドルの一時払い終身年金保険に加入した場合の金額の表です。予定利率は4.5%になっています。65歳までに解約した場合に受け取る金額がTotal Cash Value(解約返戻金)、そして65歳からは年金を受け取れますが、年金受取額の累計がTotal Annuity Income(総年金収入)です。

OWL:契約者が65歳になった以降は毎年172, 096香港ドルを年金として受領できますし、仮に中途解約するとしても契約4年後であれば最初の支払金額を上回る解約返戻金を受け取れるということですね。

長谷川:そうです。65歳の年金開始時点で、いくつかの選択肢から受け取り方法を選べるようになっています。代表的な選択肢は、当初の予定通りの金額を終身受け取ることです。または、受け取り金額は変わりますが20年間の定期で受け取ることもできます。他の選択肢としては、夫婦でリレーして受け取れるようにすることで、自分に万が一のことがあった場合には配偶者が生きている限り当初の予定の2/3の金額を生涯受け取ることもできます。他には、この時点で、解約返戻金を一括して受け取ることも出来ます。非常に、フレキシブルなんですね。

OWL:なるほど。契約した時点では、老後の自分の暮らしぶりをなかなか想像できませんよね。でも、65歳の時点であれば、若い頃よりも老後の暮らしぶりを想像しやすくなる訳で、65歳の時点で、改めてお金の受け取り方を選ぶことができるというのは魅力ですね。

nwb-press-conference-20160512-2

香港の保険商品の一番の強みはリターンの良さ。その理由は?

OWL:ここまで伺ってきて、香港の保険商品の一番の強みは、日本の保険商品に比べリターンが良いという点だろうと思います。運用能力が優れている、コストのかからない経営をしている等の説明ができると思いますが、リターンの差を生む理由について説明を頂けますでしょうか?

長谷川:保険のリターンを決めるのは、「死差」、「利差」、「費差」です。香港は、日本と並ぶ長寿社会ですので「死差」はほとんどないですから、運用能力の差である「利差」と保険会社が費用として保険に乗せるコストの差としての「費差」に差があるということでしょう。日本の場合、保険会社の営業員が販売するシェアが多いのに対し、香港の場合、複数の保険会社の商品を扱うブローカーが販売の中心です。そのため、保険会社が販売コストを抱えなくて済むという差もあると思います。

nwb-%e9%95%b7%e8%b0%b7%e5%b7%9d%e6%a7%98

OWL香港編集部の感想

保険商品でリターンの良さを生み出すには、①運用実績を良くすること、②運営コストを下げることの両方・少なくともどちらかを実現しなくてはなりません。

香港の保険商品の利回りが日本の保険商品の利回りより勝っている最大の理由は、香港の保険会社の運用が日本の保険会社の運用に比べ継続的に上回っていることだとの説明を受けました。商品の利回りのデータとは別に、運用実績だけについてのデータは、開示されていないのかも知れませんが、是非見てみたいところです。

日本人(特に日本居住者)にとっての、Nippon Wealth Bankの使い勝手については、インタビュー(2)で公開しています。

OWL香港は、海外で財産を保有するグローバルな活動を応援しています。

問い合わせ先(OWL Hong Kong Limited):info@owlhongkong.com

この記事を読んだ方には、是非この記事も

「財産債務調書」は、富裕層の資産状況を把握し課税確保を徹底する手段!

香港で銀行口座、国外財産調書制度から逃げられる!?

香港法人設立・香港で投資しても、日本の法律・日本の税金が関係する?