香港マルコポーロホテルで、ドイツ発祥のビール祭り!

Katsumi Umezono
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港は、1997年まで英国植民地で今でも英語が(中国語とならんで)公用語、グローバル企業のアジアの地域本社が多いという、欧米人の多い都市です。

今回は、元々ドイツ人の祭りながら、ドイツ人のみならず他の欧米人・香港人の間でもビール祭りとして定着して楽しむようになった、オクトーバーフェストについて書いてみます。

オクトーバーフェストとは?

収穫祭から始まったドイツの秋のビール祭りで、ミュンヘンのオクトーバーフェストが世界最大のものとして有名ですね。ミュンヘンでは、9月下旬から10月上旬までの16日間開催され、参加者は600万人にも達するそうです。

oktoberfest_inside_hippodrom

香港にもドイツ人は少なくありませんので、秋にはビール祭りが幾つかの会場で行われています。中でも有名なのは、尖沙咀のマルコポーロホテルで開催されるマルコポーロ・ジャーマン・ビアフェストで、1992年から行われ2016年で25周年です。

香港のジャーマンビアフェストは、10月下旬~11月半ば!

今回、ドイツの自動車関連の会社の方からお誘い頂いて、11月12日の最終日に行ってみました。

ちなみに、2016年の香港のジャーマンビアフェストは10月21日~11月12日。ミュンヘンのオクトーバーフェストより約1か月遅れです。香港はミュンヘンより暑いですから、これくらいの時期が良いですね。

まずは、ビールと食べ物を確保しましょう。

erdinger

ビールは、Erdinger。私の家の近くの安い中華料理屋にも置いてあるビールなので、ありふれたビールかと思っていましたが、それほど一般的なビールでは無かったようでした。失礼しました。

食べ物の写真は省略。ソーセージとか豚肉の塊とかプレッツェルとか、一言でいえば、ビールのつまみです。

会場は、尖沙咀ハーバーシティの6階屋外駐車場と、仮設テントの中です。香港島の中環(Central)地区の高層ビルも見られるので、夜景を楽しみながらビールを楽しむのも最高ですね。

下の写真は、午後8時からのシンフォニー・オブ・ライツの時間帯に撮ったものです。

october-fest-outside

でも、夜景を楽しみながらビールを飲むだけなら、オクトーバーフェストである必要がありません。特設ステージがあるテントの中に入ってみましょう。

テントの中のテーブルは、協賛企業が予約しているようです。今回、私達はご招待だったので、ステージ正面の席を頂きましたが、企業御招待でない場合、端のテーブルを取りあえず陣取りましょう。イベントが佳境に入れば、何処が誰の席か分からなくなってきますので、気にしなくていいでしょう。

october-fest-stage

この演奏者・歌手の人達は、マルコポーロホテルのオクトーバーフェストのためだけに、香港に1か月滞在しているそうです。

最初のうちは、皆、テーブルについて、音楽を聞きながら、おとなしく飲み食いしたり、話をしているのですが。

途中からは皆立ち上がって一緒に踊り始めたり。

october-fest-stage-2

観客の女性達を何人かステージに上がらせて、アルペンホルン(?)を吹かせてみたりとか。

october-fest-stage-3

結局、ステージ正面のテーブルだったことなんて、あんまり関係なくなってしまうんですね。

10月下旬~11月半ばに香港にお越しの方、ヨーロッパの窓口としての香港を味わいたいなら、是非、オクトーバーフェストに行ってみましょう!

この記事を読んだ方には、是非この記事も

手つかずの自然が残るのに都心からのアクセスも良好。ランタオ島南岸の貝澳(Pui O)で潮干狩り!

香港の離島・長洲島のライフスタイル(ハロウィン編)