日本・香港間のLCCをビジネスにどう活かす?

Katsumi Umezono
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LCCのPeach Aviationは、8月8日、羽田~台北(桃園)線を開設しました。
国際線としては、2012年5月就航の関西~ソウル(仁川)線、2012年7月就航の関西~香港線などに続く6路線目になります。Peach

LCCの、ライフスタイルを変えるような乗り方

就航前日の会見で、Peach Aviation株式会社代表取締役CEO 井上慎一氏は、「LCCは既存の航空会社からお客様を奪うのではないかと言われていたが、ピーチが航空の総需要を拡げていることを分かってもらえると思う」と述べています。
具体的には、台湾の女性が沖縄の美容院へ行ったり、仙台のジョギング好きな人が京都のマラソンに参加したりなど、乗客が自身のライフスタイルを変えるような乗り方をしている、とのことです。

日本と香港を結ぶLCCは、日本からの国際線LCCの中で最多

香港と日本を結ぶLCCとしては、Peach Aviation(関西線、那覇線)のほか、バニラエア (Vanilla Air)(東京/成田線)、香港エクスプレス(羽田線、成田線、関西線、福岡線、中部線)、ジェットスター・ジャパン(成田線、関西線)の4社が運航しており、日本からのLCC国際線の渡航先としては最多です。
日本から香港に行く・香港から日本に行くという人々に、「ライフスタイルを変えるような乗り方」をしてもらえるような、新しいビジネスの余地が十分ありそうです。