マカオのカジノ企業Galaxy Entertainment Groupが欧州モナコ公国のカジノ企業に出資

Katsumi Umezono
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マカオを拠点とするカジノ企業Galaxy Entertainment Group(GEG)は欧州モナコ公国のカジノ企業Societe des Bains de Mer et du Cercle des Etrangers a Monaco(モンテカルロSBM)の株式の5%を取得します。

モンテカルロSBMは、モナコ政府が株式の69.5%を保有

モンテカルロSBMは、モナコ政府が69.5%の株式を有する、2027年までモナコでカジノ運営が認められた唯一の企業であり、カジノ場の他にホテル「Hotel de Paris」やオペラハウス等を保有しています。売上は、6億5000万米ドル=約780億円(2014年)で前年比11%増ですが、2011年以降は営業赤字が続いています。歴史的施設維持や設備投資費用の重さが響いている様子です。
また、LVMH(ルイ・ヴィトン等のブランド企業を傘下に抱えるコングロマリット)が新規発行株式5%の株式(6億5000万ユーロ=約884億円)を取得することが明らかになっており、この資金はHotel de Paris等のリノベーションに用いられるとのことです。Hotel de Paris

マカオのカジノ収入は14ヶ月連続で前年同月比マイナス

マカオゲーミング監察協調局(Macao Gaming Inspection and Coordination Bureau)発表によると、2015年7月のカジノ収益は、186億1500万マカオパタカ(約2,885億円)で、前年同月比34.5%減となり、14か月連続で前年同月比マイナスを記録しています。
マカオのカジノ収益の大半(約3分の2とも言われる)は、中国本土からの超富裕層顧客(カジノからVIP待遇を受けるハイローラーと呼ばれる顧客)の支出が占めていますが、中国習近平政権下での汚職取り締まりの徹底によりハイローラーが減少し、マカオのカジノ収入全体に影響しているようです。

このマカオにおけるカジノ収入を背景に、マカオを拠点とするカジノ企業が新たな方向性を探っていることがうかがえます。