HOME / OWL香港進出ビジネスコラム / タックス / 

【3月24・25日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー開催のご案内 【3月24・25日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー開催のご案内

【3月24・25日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー開催のご案内

Katsumi Umezono
2018年3月19日

2017年は、国税庁も仮想通貨・ICOに対して注目し、様々な声明を発表し始めた年でした。 今年2018年の確定申告は、国税庁が仮想通貨に対する声明を発表してから初めての確定申告であり、確定申告に苦しんだ仮想通貨投資家が多数いらっしゃいました。 そこで、次回の確定申告ま

【2月17・18日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー追加開催のご案内 【2月17・18日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー追加開催のご案内

【2月17・18日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー追加開催のご案内

Katsumi Umezono
2018年2月15日

2017年は仮想通貨・ICOが世間一般の話題になった一年でしたが、同時に、国税庁も仮想通貨・ICOに対して注意深く見るようになってきた一年でもあります。 そして、2018年3月は、国税庁が仮想通貨に対する声明を発表してから初めての確定申告の期限です。 この確定申告を前

【東京・丸ビル】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー(2月10・12日開催)のご案内 【東京・丸ビル】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー(2月10・12日開催)のご案内

【東京・丸ビル】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー(2月10・12日開催)のご案内

Katsumi Umezono
2018年2月4日

2017年は仮想通貨・ICOが世間一般の話題になった一年でしたが、同時に、国税庁も仮想通貨・ICOに対して注意深く見るようになってきた一年でもあります。 そして、2018年3月は、国税庁が仮想通貨に対する声明を発表してから初めての確定申告の期限です。 この確定申告を前

仮想通貨を保有している場合、財産債務調書・国外財産調書への記載・税務署への提出は義務? 仮想通貨を保有している場合、財産債務調書・国外財産調書への記載・税務署への提出は義務?

仮想通貨を保有している場合、財産債務調書・国外財産調書への記載・税務署への提出は義務?

Takayuki Fujima
2018年1月8日

明けましておめでとうございます。2018年1月になりました。 2017年は、これまで水面下で関心を集めていた仮想通貨が一気に世間一般の関心事となった一年でした。 2017年12月1日、国税庁が「仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)」を公表! 国税庁もこの傾向

【タイ、バンコク】香港活用スキーム・相続税対策相談会(7/13, 7/14)へのお誘い 【タイ、バンコク】香港活用スキーム・相続税対策相談会(7/13, 7/14)へのお誘い

【タイ、バンコク】香港活用スキーム・相続税対策相談会(7/13, 7/14)へのお誘い

Takayuki Fujima
2017年7月10日

タイには、自動車関連産業を中心に多くの日系企業が進出しています。多国籍企業のメリットを活かしていますか? 低税率の香港を活かした多国籍企業のスキーム構築 タイの日系企業は、日本法人の直接の子会社をタイに設立している、日本法人の株主(=オーナー)がタイ法人を設立している、という

平成29年度税制改正で、相続・贈与税回避だけを目的とする海外移住は消滅か!? 平成29年度税制改正で、相続・贈与税回避だけを目的とする海外移住は消滅か!?

平成29年度税制改正で、相続・贈与税回避だけを目的とする海外移住は消滅か!?

Takayuki Fujima
2017年2月27日

2016年12月22日に発表された平成29年度税制改正大綱、香港を活用した海外での活動をサポートするOWL香港の立場から注目したのは、①相続税又は贈与税の納税範囲の見直しと②外国子会社合算税制等の見直しです。 今回の記事では、①相続税又は贈与税の納税範囲の見直し、とくに、日

【タイ、バンコク】香港投資・香港法人活用相談会(11/22, 11/23)へのお誘い 【タイ、バンコク】香港投資・香港法人活用相談会(11/22, 11/23)へのお誘い

【タイ、バンコク】香港投資・香港法人活用相談会(11/22, 11/23)へのお誘い

Takayuki Fujima
2016年11月12日

香港は、法人税率が16.5%と低いですし、キャピタルゲイン課税が無く、相続税・贈与税もありません。さらに、香港はアジアを代表する国際的金融都市ですから、日本国内では提供されていない金融商品も数多くあります。 タイを含め、東南アジアの国では、ビザが非常にとりやすく、また、比較

香港法人の低税率メリットを奪う「タックスヘイブン対策税制」。除外事由を主張するには適切な手続が必要! 香港法人の低税率メリットを奪う「タックスヘイブン対策税制」。除外事由を主張するには適切な手続が必要!

香港法人の低税率メリットを奪う「タックスヘイブン対策税制」。除外事由を主張するには適切な手続が必要!

Takayuki Fujima
2016年10月7日

低税率の金融都市である香港のタックスメリットを享受するため、香港にペーパーカンパニーを設立し、その法人名義で銀行口座を開設し、投資などを行っている方もいらっしゃると思います。でも、香港の低税率を享受するには、万全な準備が必要です。 香港法人やオフショア法人(BVI法人やセイシェ

東南アジアに住みつつ、香港で投資。税金面はどこに注意すべき? 東南アジアに住みつつ、香港で投資。税金面はどこに注意すべき?

東南アジアに住みつつ、香港で投資。税金面はどこに注意すべき?

Takayuki Fujima
2016年8月31日

タイ、マレーシア、フィリピンなどの東南アジア諸国に住みつつ、香港で会社設立をしたり投資をしている日本人も少なくありません。 これらの東南アジア諸国に住む理由は、リタイアメントビザなどを取得しやすいこと、物価が安いこと、ゴルフやダイビングなどを楽しみやすい環境でしょう。一方、

自動的情報交換関連FAQ「自動的情報交換が始まっても、私の情報は国税庁に提供されませんよね?」 自動的情報交換関連FAQ「自動的情報交換が始まっても、私の情報は国税庁に提供されませんよね?」

自動的情報交換関連FAQ「自動的情報交換が始まっても、私の情報は国税庁に提供されませんよね?」

Takayuki Fujima
2016年8月18日

2014年7月、OECDにより、「租税条約に基づいた非居住者の金融口座情報を各国税務当局間で自動的に交換するための国際基準」が発表されました。 2018年から、香港⇒日本の国税庁に口座に関する情報が自動的に送られる! OWL香港サイトにも記事をアップしてきましたが、日本・香港

1 / 3123