香港を中心にアジアビジネスを興す人、香港で暮らす人のための、情報提供サイトOWLHONGKONG|オウル香港

HOME / SERCH BY TAG

香港SFCが仮想通貨による資金調達・ICOにつき声明、仮想通貨の自由は維持される? 香港SFCが仮想通貨による資金調達・ICOにつき声明、仮想通貨の自由は維持される?

香港SFCが仮想通貨による資金調達・ICOにつき声明、仮想通貨の自由は維持される?

Takayuki Fujima
2017年10月3日

数年前からBit Coinを中心に徐々に関心が高まってきた仮想通貨、今年に入って一気に人気が沸騰してきています。 その一方、消費者トラブルの発生、さらには、通貨高権(通貨を発行することのできる国家の権限)が侵されることへの国家権力の不安などから、仮想通貨を取り締まろうという

香港の保険商品、保険金受け取り等の手続は面倒?Nippon Wealth Bank 長谷川COOインタビュー (2) 香港の保険商品、保険金受け取り等の手続は面倒?Nippon Wealth Bank 長谷川COOインタビュー (2)

香港の保険商品、保険金受け取り等の手続は面倒?Nippon Wealth Bank 長谷川COOインタビュー (2)

Takayuki Fujima
2016年9月9日

香港で昨年設立された金融機関Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(以下NWB)とマスミューチュアル・アジア保険会社は、2016年5月12日、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)のPacific Clubで、記者会見・顧客

香港では日本に比べ有利な保険商品を購入可能!?Nippon Wealth Bank 長谷川COOインタビュー (1) 香港では日本に比べ有利な保険商品を購入可能!?Nippon Wealth Bank 長谷川COOインタビュー (1)

香港では日本に比べ有利な保険商品を購入可能!?Nippon Wealth Bank 長谷川COOインタビュー (1)

Takayuki Fujima
2016年9月8日

香港で昨年設立された金融機関Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(以下NWB)とマスミューチュアル・アジア保険会社は、2016年5月12日、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)のPacific Clubで、記者会見・顧客

香港法人設立・香港で投資しても、日本の法律・日本の税金が関係する? 香港法人設立・香港で投資しても、日本の法律・日本の税金が関係する?

香港法人設立・香港で投資しても、日本の法律・日本の税金が関係する?

Takayuki Fujima
2016年8月13日

香港は日本から近く法人設立や銀行口座を開設しやすい外国です。ですから、日本に住んでいる人でも、香港の銀行に自分名義の口座を開設した人、香港で法人を設立して法人名義の銀行口座を開設した人も大勢いらっしゃいます。 でも、香港法人設立・香港で投資したからといって、日本の法律・日本

香港法人(ペーパーカンパニー)を設立すれば節税は簡単?そう単純ではありません! 香港法人(ペーパーカンパニー)を設立すれば節税は簡単?そう単純ではありません!

香港法人(ペーパーカンパニー)を設立すれば節税は簡単?そう単純ではありません!

Takayuki Fujima
2016年7月7日

香港の法人税率は16.5%と大変低くなっています。 そこで、香港法人(ペーパーカンパニー)を設立し、その香港法人(ペーパーカンパニー)に利益が貯まるようにしておけば、香港の低い法人税率が適用され、簡単にタックスメリットを享受できるように思うかもしれません。 日本法人・

香港のマンション販売会場には、転売目的の投資家が集まっている! 香港のマンション販売会場には、転売目的の投資家が集まっている!

香港のマンション販売会場には、転売目的の投資家が集まっている!

Katsumi Umezono
2016年4月19日

香港では不動産投資が日常に溶け込んでいます。 大きなショッピングモールなどで、新築マンション売り出しのパンフレットを持った販売員が通行人に声を掛ける光景や、バスの車体にもマンション販売の全面広告が貼り付けられているのもよく見かけます。 さて、注目度の高い新築マ

香港にある財産の相続。手続も背景の考え方も日本とは大きく異なる!? 香港にある財産の相続。手続も背景の考え方も日本とは大きく異なる!?

香港にある財産の相続。手続も背景の考え方も日本とは大きく異なる!?

Takayuki Fujima
2016年3月22日

香港の銀行(HSBCなど)や証券会社で口座を開いて金融商品をいろいろ買う人が増えてきています。 御自身が亡くなられた後のことまで考えていれば良いのですが、相続のことを考えていないケースも多いように見受けられます。 香港に財産を持つ人が亡くなった場合、どうやって相続する

会社名を登録して安心していたのに、別人が勝手にその会社名を登録!? 会社名を登録して安心していたのに、別人が勝手にその会社名を登録!?

会社名を登録して安心していたのに、別人が勝手にその会社名を登録!?

Takayuki Fujima
2016年1月16日

香港で会社設立し、商品を販売する。そのとき、会社名や商品名を登録して、偽物が現れるのを未然に防ごうとしますよね。 でも、意外な落とし穴があるのです。 「商号」と「商標」とは何? 香港で会社設立(法人設立)をする場合、同一名称の会社が無いことを確認したうえで、会社登記所(

「国家戦略特区」で特例の適用を受ければAirBnBなど民泊も合法!? 「国家戦略特区」で特例の適用を受ければAirBnBなど民泊も合法!?

「国家戦略特区」で特例の適用を受ければAirBnBなど民泊も合法!?

Takayuki Fujima
2016年1月7日

前回、現行法の下では、AirBnBなど民泊を営むことは、無許可で旅館・ホテルを営むに等しく、旅館・ホテルを許可制と定めた「旅館業法」の違反の疑いが強い、と書きました。 では、どのように行えば合法と言えるのでしょう?  「旅館業法」が適用除外されれば、AirBnBなど民泊も

AirBnBなど民泊は、驚異的利回りをたたき出す宝の山か、危ないグレーゾーンか!? AirBnBなど民泊は、驚異的利回りをたたき出す宝の山か、危ないグレーゾーンか!?

AirBnBなど民泊は、驚異的利回りをたたき出す宝の山か、危ないグレーゾーンか!?

Takayuki Fujima
2016年1月2日

日本へのインバウンド観光が盛り上がっています。 2014年の訪日観光客数は、過去最高の1036万人(2013年)を大きく上回る1341万人。2015年の訪日観光客数は、12月19日時点で1900万人を突破しています。 インバウンド観光のボトルネック=宿泊施設の不足 しか

1 / 212