香港を中心にアジアビジネスを興す人、香港で暮らす人のための、情報提供サイトOWLHONGKONG|オウル香港

HOME / SERCH BY TAG

平成29年度税制改正で、相続・贈与税回避だけを目的とする海外移住は消滅か!? 平成29年度税制改正で、相続・贈与税回避だけを目的とする海外移住は消滅か!?

平成29年度税制改正で、相続・贈与税回避だけを目的とする海外移住は消滅か!?

Takayuki Fujima
2017年2月27日

2016年12月22日に発表された平成29年度税制改正大綱、香港を活用した海外での活動をサポートするOWL香港の立場から注目したのは、①相続税又は贈与税の納税範囲の見直しと②外国子会社合算税制等の見直しです。 今回の記事では、①相続税又は贈与税の納税範囲の見直し、とくに、日

OECD自動的情報交換制度で、海外の口座情報は税務署に筒抜け!? OECD自動的情報交換制度で、海外の口座情報は税務署に筒抜け!?

OECD自動的情報交換制度で、海外の口座情報は税務署に筒抜け!?

Takayuki Fujima
2016年5月5日

2014年2月13日、経済協力開発機構(OECD)は、政府間で銀行口座情報を自動的に交換するための新たな国際基準の創設を模索するための共通報告様式(Common Reporting Standard: CRS)を公表しました。この自動的情報交換制度は、海外に口座を持つ方に大きな影

タワーマンションを利用した相続税節税を国税が否定!?次の節税方法は何だ? タワーマンションを利用した相続税節税を国税が否定!?次の節税方法は何だ?

タワーマンションを利用した相続税節税を国税が否定!?次の節税方法は何だ?

Takayuki Fujima
2015年11月11日

最近、タワーマンションを使った相続税の節税が話題になってきていました。 タワーマンションを利用した相続税節税とは? タワーマンションを使った相続税節税手法を簡単に言うと、税務署の評価額と実勢価格との間にあるズレを利用していた訳です。 例えば: 12億円の財産を

香港居住で贈与税を回避!武富士元会長長男への贈与税課税事件とは何だったのか? 香港居住で贈与税を回避!武富士元会長長男への贈与税課税事件とは何だったのか?

香港居住で贈与税を回避!武富士元会長長男への贈与税課税事件とは何だったのか?

Takayuki Fujima
2015年6月15日

日本にはある相続税・贈与税が、香港などにはありません。そこで、香港などを使って相続税・贈与税を回避しようとする人は少なくありません。そうした相続税・贈与税回避において、最も参考とされてきたのが、最高裁判所の判決まで出された、武富士元会長長男のケースです。いろいろな場面で言及される

香港移住で相続税・贈与税を回避できるケース 香港移住で相続税・贈与税を回避できるケース

香港移住で相続税・贈与税を回避できるケース

Takayuki Fujima
2015年6月14日

平成27年1月1日以後、相続税の最高税率は55%になり、税負担がますます重くなっています。 日本に住んでいると、相続税という制度を当然存在する制度だと思いがちですが、世界には相続税・贈与税が存在しない国・地域も少なくありません。香港もその一つです。 そこで、この記事で