HOME / SERCH BY TAG

【6月30日・7月1日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー開催のご案内 【6月30日・7月1日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー開催のご案内

【6月30日・7月1日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー開催のご案内

Katsumi Umezono
2018年6月11日

2017年は、国税庁も仮想通貨・ICOに対して注目し、様々な声明を発表し始めた年でした。 国税庁の発表を受け、利益確定をしたいが、最高55%の税金を払うのは厳しい、何とかならないかと、税率の低い外国にセミリタイア移住しようという仮想通貨投資家が急増しています。 海外移住を

2017年仮想通貨で1億円以上の収入ありと申告したのは、わずか331人。該当者がみな申告したと思いますか? 2017年仮想通貨で1億円以上の収入ありと申告したのは、わずか331人。該当者がみな申告したと思いますか?

2017年仮想通貨で1億円以上の収入ありと申告したのは、わずか331人。該当者がみな申告したと思いますか?

Takayuki Fujima
2018年6月6日

2018年5月25日、2017年に仮想通貨取引を含めた収入が1億円以上あったと申告したのは331人だったと国税庁が発表した、と日本経済新聞など複数のメディアが報じています。 この331人という数字は、以下の方法で算出したとのことです。 公的年金以外の雑所得の収入が

【6月9日、那覇】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー開催のご案内 【6月9日、那覇】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー開催のご案内

【6月9日、那覇】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー開催のご案内

Katsumi Umezono
2018年6月2日

2017年は、国税庁も仮想通貨・ICOに対して注目し、様々な声明を発表し始めた年でした。 今年2018年の確定申告は、国税庁が仮想通貨に対する声明を発表してから初めての確定申告であり、確定申告に苦しんだ仮想通貨投資家が多数いらっしゃいました。 そこで、次回の確定申告ま

【3月24・25日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー開催のご案内 【3月24・25日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー開催のご案内

【3月24・25日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー開催のご案内

Katsumi Umezono
2018年3月19日

2017年は、国税庁も仮想通貨・ICOに対して注目し、様々な声明を発表し始めた年でした。 今年2018年の確定申告は、国税庁が仮想通貨に対する声明を発表してから初めての確定申告であり、確定申告に苦しんだ仮想通貨投資家が多数いらっしゃいました。 そこで、次回の確定申告ま

【2月17・18日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー追加開催のご案内 【2月17・18日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー追加開催のご案内

【2月17・18日、東京】仮想通貨投資家のための海外セミリタイアセミナー追加開催のご案内

Katsumi Umezono
2018年2月15日

2017年は仮想通貨・ICOが世間一般の話題になった一年でしたが、同時に、国税庁も仮想通貨・ICOに対して注意深く見るようになってきた一年でもあります。 そして、2018年3月は、国税庁が仮想通貨に対する声明を発表してから初めての確定申告の期限です。 この確定申告を前

仮想通貨を保有している場合、財産債務調書・国外財産調書への記載・税務署への提出は義務? 仮想通貨を保有している場合、財産債務調書・国外財産調書への記載・税務署への提出は義務?

仮想通貨を保有している場合、財産債務調書・国外財産調書への記載・税務署への提出は義務?

Takayuki Fujima
2018年1月8日

明けましておめでとうございます。2018年1月になりました。 2017年は、これまで水面下で関心を集めていた仮想通貨が一気に世間一般の関心事となった一年でした。 2017年12月1日、国税庁が「仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)」を公表! 国税庁もこの傾向

【タイ、バンコク】香港活用スキーム・相続税対策相談会(7/13, 7/14)へのお誘い 【タイ、バンコク】香港活用スキーム・相続税対策相談会(7/13, 7/14)へのお誘い

【タイ、バンコク】香港活用スキーム・相続税対策相談会(7/13, 7/14)へのお誘い

Takayuki Fujima
2017年7月10日

タイには、自動車関連産業を中心に多くの日系企業が進出しています。多国籍企業のメリットを活かしていますか? 低税率の香港を活かした多国籍企業のスキーム構築 タイの日系企業は、日本法人の直接の子会社をタイに設立している、日本法人の株主(=オーナー)がタイ法人を設立している、という

平成29年度税制改正で、相続・贈与税回避だけを目的とする海外移住は消滅か!? 平成29年度税制改正で、相続・贈与税回避だけを目的とする海外移住は消滅か!?

平成29年度税制改正で、相続・贈与税回避だけを目的とする海外移住は消滅か!?

Takayuki Fujima
2017年2月27日

2016年12月22日に発表された平成29年度税制改正大綱、香港を活用した海外での活動をサポートするOWL香港の立場から注目したのは、①相続税又は贈与税の納税範囲の見直しと②外国子会社合算税制等の見直しです。 今回の記事では、①相続税又は贈与税の納税範囲の見直し、とくに、日

バンコクで生活・香港で投資というライフスタイルは、非常に魅力的! バンコクで生活・香港で投資というライフスタイルは、非常に魅力的!

バンコクで生活・香港で投資というライフスタイルは、非常に魅力的!

Takayuki Fujima
2016年11月29日

香港でのビザ取得は、残念ながら難しくなっています。形式上ビジネスを行うように取り繕うだけでは困難ですし、実際にビジネスを行う場合ですら、その株主・従業員としてビザを取得するのは、かなり難しくなっています。 そうした状況を踏まえ、OWL香港では、国際金融都市香港で投資(+実際

【タイ、バンコク】香港投資・香港法人活用相談会(11/22, 11/23)へのお誘い 【タイ、バンコク】香港投資・香港法人活用相談会(11/22, 11/23)へのお誘い

【タイ、バンコク】香港投資・香港法人活用相談会(11/22, 11/23)へのお誘い

Takayuki Fujima
2016年11月12日

香港は、法人税率が16.5%と低いですし、キャピタルゲイン課税が無く、相続税・贈与税もありません。さらに、香港はアジアを代表する国際的金融都市ですから、日本国内では提供されていない金融商品も数多くあります。 タイを含め、東南アジアの国では、ビザが非常にとりやすく、また、比較

1 / 41234