香港を中心にアジアビジネスを興す人、香港で暮らす人のための、情報提供サイトOWLHONGKONG|オウル香港

HOME / SERCH BY TAG

【タイ、バンコク】香港活用スキーム・相続税対策相談会(7/13, 7/14)へのお誘い 【タイ、バンコク】香港活用スキーム・相続税対策相談会(7/13, 7/14)へのお誘い

【タイ、バンコク】香港活用スキーム・相続税対策相談会(7/13, 7/14)へのお誘い

Takayuki Fujima
2017年7月10日

タイには、自動車関連産業を中心に多くの日系企業が進出しています。多国籍企業のメリットを活かしていますか? 低税率の香港を活かした多国籍企業のスキーム構築 タイの日系企業は、日本法人の直接の子会社をタイに設立している、日本法人の株主(=オーナー)がタイ法人を設立している、という

平成29年度税制改正で、相続・贈与税回避だけを目的とする海外移住は消滅か!? 平成29年度税制改正で、相続・贈与税回避だけを目的とする海外移住は消滅か!?

平成29年度税制改正で、相続・贈与税回避だけを目的とする海外移住は消滅か!?

Takayuki Fujima
2017年2月27日

2016年12月22日に発表された平成29年度税制改正大綱、香港を活用した海外での活動をサポートするOWL香港の立場から注目したのは、①相続税又は贈与税の納税範囲の見直しと②外国子会社合算税制等の見直しです。 今回の記事では、①相続税又は贈与税の納税範囲の見直し、とくに、日

バンコクで生活・香港で投資というライフスタイルは、非常に魅力的! バンコクで生活・香港で投資というライフスタイルは、非常に魅力的!

バンコクで生活・香港で投資というライフスタイルは、非常に魅力的!

Takayuki Fujima
2016年11月29日

香港でのビザ取得は、残念ながら難しくなっています。形式上ビジネスを行うように取り繕うだけでは困難ですし、実際にビジネスを行う場合ですら、その株主・従業員としてビザを取得するのは、かなり難しくなっています。 そうした状況を踏まえ、OWL香港では、国際金融都市香港で投資(+実際

【タイ、バンコク】香港投資・香港法人活用相談会(11/22, 11/23)へのお誘い 【タイ、バンコク】香港投資・香港法人活用相談会(11/22, 11/23)へのお誘い

【タイ、バンコク】香港投資・香港法人活用相談会(11/22, 11/23)へのお誘い

Takayuki Fujima
2016年11月12日

香港は、法人税率が16.5%と低いですし、キャピタルゲイン課税が無く、相続税・贈与税もありません。さらに、香港はアジアを代表する国際的金融都市ですから、日本国内では提供されていない金融商品も数多くあります。 タイを含め、東南アジアの国では、ビザが非常にとりやすく、また、比較

香港法人の低税率メリットを奪う「タックスヘイブン対策税制」。除外事由を主張するには適切な手続が必要! 香港法人の低税率メリットを奪う「タックスヘイブン対策税制」。除外事由を主張するには適切な手続が必要!

香港法人の低税率メリットを奪う「タックスヘイブン対策税制」。除外事由を主張するには適切な手続が必要!

Takayuki Fujima
2016年10月7日

低税率の金融都市である香港のタックスメリットを享受するため、香港にペーパーカンパニーを設立し、その法人名義で銀行口座を開設し、投資などを行っている方もいらっしゃると思います。でも、香港の低税率を享受するには、万全な準備が必要です。 香港法人やオフショア法人(BVI法人やセイシェ

東南アジアに住みつつ、香港で投資。税金面はどこに注意すべき? 東南アジアに住みつつ、香港で投資。税金面はどこに注意すべき?

東南アジアに住みつつ、香港で投資。税金面はどこに注意すべき?

Takayuki Fujima
2016年8月31日

タイ、マレーシア、フィリピンなどの東南アジア諸国に住みつつ、香港で会社設立をしたり投資をしている日本人も少なくありません。 これらの東南アジア諸国に住む理由は、リタイアメントビザなどを取得しやすいこと、物価が安いこと、ゴルフやダイビングなどを楽しみやすい環境でしょう。一方、

自動的情報交換関連FAQ「自動的情報交換が始まっても、私の情報は国税庁に提供されませんよね?」 自動的情報交換関連FAQ「自動的情報交換が始まっても、私の情報は国税庁に提供されませんよね?」

自動的情報交換関連FAQ「自動的情報交換が始まっても、私の情報は国税庁に提供されませんよね?」

Takayuki Fujima
2016年8月18日

2014年7月、OECDにより、「租税条約に基づいた非居住者の金融口座情報を各国税務当局間で自動的に交換するための国際基準」が発表されました。 2018年から、香港⇒日本の国税庁に口座に関する情報が自動的に送られる! OWL香港サイトにも記事をアップしてきましたが、日本・香港

香港法人設立・香港で投資しても、日本の法律・日本の税金が関係する? 香港法人設立・香港で投資しても、日本の法律・日本の税金が関係する?

香港法人設立・香港で投資しても、日本の法律・日本の税金が関係する?

Takayuki Fujima
2016年8月13日

香港は日本から近く法人設立や銀行口座を開設しやすい外国です。ですから、日本に住んでいる人でも、香港の銀行に自分名義の口座を開設した人、香港で法人を設立して法人名義の銀行口座を開設した人も大勢いらっしゃいます。 でも、香港法人設立・香港で投資したからといって、日本の法律・日本

【お知らせ】海外投資・香港法人活用勉強会(7/31, 8/1, 8/3)へのお誘い 【お知らせ】海外投資・香港法人活用勉強会(7/31, 8/1, 8/3)へのお誘い

【お知らせ】海外投資・香港法人活用勉強会(7/31, 8/1, 8/3)へのお誘い

Katsumi Umezono
2016年7月26日

香港は、法人税率が16.5%と低いですし、キャピタルゲイン課税が無く、相続税・贈与税もありません。さらに、香港はアジアを代表する国際的金融都市ですから、日本国内では提供されていない金融商品も数多くあります。 しかし、これらのメリットを合法的に享受することは簡単ではありません

タックスヘイブン対策税制の適用で追徴税額1億6000万円の支払を求められた神戸物産の事案に見る、安易に香港法人を設立することの危険 タックスヘイブン対策税制の適用で追徴税額1億6000万円の支払を求められた神戸物産の事案に見る、安易に香港法人を設立することの危険

タックスヘイブン対策税制の適用で追徴税額1億6000万円の支払を求められた神戸物産の事案に見る、安易に香港法人を設立することの危険

Takayuki Fujima
2016年7月22日

先日の記事で、法人税率が16.5%と低い香港に法人を設立して節税を図ったつもりが、外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)が適用され、タックスメリットを受けられず、法人設立のコストの分がむしろコスト増になってしまうという話を書きました。 今日は、実際に摘発された事例を

1 / 3123