香港ビザ取得サポート

OWL香港の「香港ビザ取得サポート」の詳しい情報はこちらのページを御覧ください。

香港ビザ取得サポートのサービスのポイント

  • グローバルな税務・投資までを踏まえたうえで、ビザ取得の必要性を検討
  • 説明資料を用いたビザ申請サポート資料作成

香港でビザ取得するメリット

香港で継続的にビジネスを行うには、就労ビザ・投資ビザが必要。

香港のビザを持っている人のみ購入可能な、有利な金融商品もあります。

お子様が香港でバイリンガル教育を受けるには、保護者がビザを取得している必要。

香港でビザ取得サポートサービスの内容と標準プラン

ビザ取得プラン 内容 料金
就労ビザ 従業員として香港で働くため必要なビザです。ビザ申請者が、香港経済の発展に有益な知識、技術等を有しているかを審査されます。 標準プラン
13,000香港ドル
投資ビザ 香港法人の株主が、香港に滞在して事業をおこなうために取得するビザです。申請者の知識・技術や関連分野での経験が判断されますので、香港法人の詳細な事業計画や雇用計画などの資料を提出します。 標準プラン
15,000香港ドル
扶養家族ビザ 香港で就労する方がスポンサーとなり、その家族(配偶者、18歳未満の未婚の子供)が取得するビザです。スポンサーとなる方が永住権(パーマネントID)保有者の場合、その60歳以上の父母も取得することができます。また、現時点では扶養家族ビザでの就労や就学が認められています。 標準プラン
3,000香港ドル
ワーキングホリデー ビザ ワーキング・ホリデー査証の申請時に満18歳以上満30歳以下である日本国籍保有者が、香港で主として休暇を過ごす目的の場合に認められるビザです。青少年が長期休暇を過ごす付随的側面として、旅行資金を補うために必要な範囲での就労が認められています。 標準プラン
3,000香港ドル
学生ビザ 香港の学校の入学許可を得た学生が申請することのできるビザです。なお、18歳未満の学生の場合、親またはその他の保護者が香港内にいる必要があります。学生ビザを取得した学生がスポンサーになる形で親が家族ビザを取得することはできません。 標準プラン
10,000香港ドル
ビザ延長サポート ビザの有効期限が近付いている場合、ビザの有効期限の4週間前から延長申請が可能です 標準プラン
3,000香港ドル